ソーシャルICT研究センター

このセンターについて

概要

設置年月日
平成25年(2013年)4月1日
部局名
情報理工学系研究科
施設の名称
ソーシャルICT研究センター
設置形態
大学院情報理工学系研究科 附属教育研究施設
設置の根拠
東京大学基本組織規則第44条に基づくもの
部局教授会承認年月日
平成24年(2012年)11月15日 教授会承認

本センターの目的

現代社会の喫緊の課題解決と活性化に向けて、情報通信技術(ICT)の高度利活用を軸として社会システム変革や新サービス創造が強く求められています。こうした領域を我々はソーシャルICTと呼び、情報理工学の新しいフロンティアであると考えます。この考えにもとづいて、都市・地域、企業・組織、行政、サービス・事業を情報システムとしてとらえ、人にとって価値あるデザインをし、実現することを目指します。

ソーシャルICT研究センターは、東京大学大学院情報理工学系研究科の主導により、先端情報理工学を基軸に新たな社会システムやサービスを創造的にデザインして具現化し、社会イノベーションを先導する教育研究の推進のために設立されました。東京大学ソーシャルICTグローバル・クリエイティブリーダー育成プログラムに協力中の東京大学他部局や学外産官民等機関と連携し、高度人材の育成と人材活用、活躍の場の開拓も担います。

ソーシャルICT研究センターの3本のベクトル
ソーシャルICT研究センターの3分野:新融合サービスICT分野、次世代社会システムICT分野、社会システム情報学分野

価値創出の場として 坂井修一 教授(情報理工学系研究科長)

坂井修一教授肖像 これからの社会が新しい情報通信技術(ICT)を基盤としたものになることは言を俟たないことでしょうが、それは単なる技術の応用というよりは、学問・実践の融合としての総合情報学の創出・展開というものになるでしょう。ソーシャルICT研究センターは、そうした新しい価値創出の場となるものとして、全学の支援のもと、情報理工学系研究科に設置されました。したがって、本センターは、オープンで自由な未来志向の組織であるとともに、現代社会に対して常にアクティブに提案・主張をし続けていく熱い運動体でもあります。 ここでは、コンピュータやインターネットのシステムアーキテクチャから人間組織のエンタープライズアーキテクチャへ、暗号や認証の技術から社会全体のセキュリティーへといった実学の大きな展開・パラダイムシフトをはかるとともに、新しい時代に必要な、文理の枠を超えたクリエイティブな人材を育てていきます。本センター発の「未来」を、多くの方々といっしょに体感・共有したいと心より願っております。

ソーシャルICTの方法論を目指して 萩谷昌己 教授(本センター長)

萩谷昌己教授肖像

平成26年10月1日より、センター長を拝命いたしました萩谷でございます。研究科長時にはセンターの設立に立ち会い、9月30日までは副センター長としてセンターの運営に関わって参りましたが、このたび、國吉前センター長よりセンター運営の責任を引き継ぎました。今後もセンターの発展に尽力して参りますので、よろしくお願いいたします。センターのミッションは、ICTを基軸として社会を再設計すること、そのための方法論を確立することにあります。社会の再設計には、ICTの導入や情報システムの構築のみならず、人間組織の再設計が必要となります。また、再設計を実現するためには、人間と組織を動かす戦略が必要となります。これまで属人的なスキルに頼っていたところを、体系化し方法論として確立することが、センターの究極の目標といえるでしょう。次いで、その成果を研究科の教育に反映させることが期待されます。ただし、いうまでもなく、それを悠長に待っているわけには行きません。センターに関係の深いGCL教育プログラムが活発に動いています。センターの本来的な役割は研究にありますが、GCLにおける教育活動を通しての研究、学生とともに行う研究という形で、GCLとセンターが両輪として動くことは、両者の設計時からの想定です。センターの教員にもGCLに積極的に関与いただき、両輪を バランスよく回して行くことが期待されています。

関連組織